counter カウンター

farm-ikeda >> histry

池田牧場のあゆみ

先代の想いを引き継ぎ、後世へ魅力と可能性を示す


昭和20年 終戦とともに樺太から現在の地に引き上げ、昭和25年に初代が入植しました。その頃、4haほどの畑を持っておりましたが、畑以外は一面雑木林が広がっており、馬と共にしながら木を切り、土地をおこしながら開墾を進めてきました。
畑の整備が進む中、初代の急死により、それまで酪農経験の無かった二代目が後を継ぐ事となりました。地域の酪農家の方々より牛飼いとしての技術を学びながら酪農業を営む経過の中で、なかなか思い通りに進まない経営に苦悩していました・・・
昭和57年に経営悪化を契機に本格的に酪農を勉強し飼料給与法の改善を行いました。昭和60年に草地酪農の本場ニュージーランド・オーストラリアにて研修を行い、池田牧場で今現在行われている放牧主体の酪農スタイルへの移行を行いました。



「土・草・牛が健康で、安全でおいしい生乳生産」

「経営を預かる家族も人間らしい生活を営む」




乳生産量の重視から、牛本来のあり方を重視した飼い方を追求し、牛が牛自身で出来る事を行う飼い方を実践し、化成肥料・濃厚飼料は必要最低限に抑えながら、土と牛の健康を優先に取り組んできました。

池田牧場の歴史

1950年 初代が入植
1977年 初代の急死により二代目へ経営委譲
1985年 ニュージーランドへ農業研修
1991年 第24回宇都宮賞(酪農経営の部) 受賞
1999年 天皇杯(畜産部門) 受賞
2001年 北海道産業貢献賞 受賞
2004年 乳製品製造工房の購入
2005年 ペレアイス(イチゴ) 販売開始
2006年 ペレアイス(ハマナス)・黄金伝説 販売開始
2007年 ペレジャム(ミルク) 販売開始
2013年 ペレジャムみるくようかん 販売開始
2014年 新築牛舎建設(フリーストール、ミルキングパーラー)
2016年 三代目へ経営継承

北地直送_北海道の味覚バナー赤.jpg